VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)ってなんだろう?

最近、脱毛の広告に出てくる【VIO脱毛】って言葉、聞いたことはあるけどよくわからないという方もいますよね。

VIO脱毛とは、一言でいうと「デリケートゾーンに生えているアンダーヘア」の脱毛のことです。

Vライン(ビキニラインとも言います)

水着を着た時にはみ出ないように恥骨周りの逆三角形の形にあたる部分をVラインといいます。

Iライン

デリケートゾーンであるVラインよりも下の女性器のまわりの部分がIラインです。

Oライン

Iラインよりもさらに奥、つまり肛門周りの部分をOラインと呼んでいます。

これらのVライン、Iライン、OラインをあわせてVIOラインと呼び、その部分のムダ毛を脱毛すること、
形を整えることを【VIO脱毛】、または【ハイジニーナ脱毛】と呼ばれています。

 

ちなみに、どれくらいの人がVIO脱毛を経験しているかご存知でしょうか?

ある統計データによると

約42%

と言われています。
約半数の方がVIO脱毛を経験されてるのですね。

あなたがまだVIO脱毛を経験していないなら、お隣の人も、クラスメイトや職場の方も実はすでにVIO脱毛を経験済みということなんです。

 

なぜVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)をするの?メリットやデメリットは?

 

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)のメリットは大きく分けて2種類。
見た目上のメリット」と「衛生上のメリット」があります。

■見た目上のメリット
なによりも、かわいい下着や水着が着れる!
最近のかわいい下着や水着、デザインが素敵だけどVライン部分が狭い、股上が浅いというものが多いですよね。

ネットで可愛いと思って買ったら、
上からも横からもアンダーヘアがモッサリ…(大汗)なんてことも経験したことありませんか。

サロンのスタッフが形や大きさなどの好みやご要望をお聞きしながら施術するので、理想的な形に整えられます。

■衛生上のメリット
【ハイジニーナ脱毛】の「ハイジニーナ」というのは「衛生」という意味です。
つまり衛生上のメリットが非常に大きな脱毛と言えます。

・生理や排泄時に毛につかない

VIO脱毛された方が一番「やってよかった」と言われるのが特に生理の経血がつかない、ということ。

こまめにウォシュレットやデリケートゾーン用のウエットティッシュで拭き取れたら良いのですが、外出時や仕事中などはそうもいきません。

経血はデリケートゾーンのちぢれた毛に絡まり、固まります。そうすると雑菌が繁殖しやすくなります。
特にIラインやOラインを脱毛することによって、この経血の絡みや雑菌の繁殖を防げます。

・蒸れやニオイが少なくなる

生理の時だけでなく、下着による蒸れ、匂いなどが気になる方も多いですよね。

デリケートゾーンの悩みの第1位が「ニオイ」。
このニオイの原因のほとんどは蒸れによって起こります。

アンダーヘアは毛がちぢれて、太く、デリケートゾーンを守るためにフカフカのクッションのような状態になっており、
そのクッションが空気の層を作るため、肌から出た汗や体温によって出た蒸気が常にデリケートゾーン周りを覆ってると言えます。

Iラインの脱毛をすることによって、この蒸れやニオイの不快感は軽減できたと実感する人は多いでしょう。

 

逆にVIO脱毛を行うデメリットはというと

・ナプキンが直接当たることによる擦れ

が大きなデメリットと言えます。
直接ナプキンが当たるため、擦れて痛い、という方もいます。
ケミカルナプキンだとどうしても擦れてしまうので、ツルツルのIラインだとかぶれることも。
回避策として主に2つ。

Iラインを完全になくしてしまわず、経血がつきにくい部分ではみ出ない部分を毛を少なくして残す、という方法です。
プロであるサロンのスタッフに相談してみるのが良いでしょう。

もう1つは肌触りの良いナプキンを使うということです。

最近では肌への負担を少なくした、コットン素材のナプキンも多く、
布ナプキンも注目されています。Iラインの処理で蒸れが少ない分、
安心して布ナプキンも利用できますね。

安全なVIOラインの処理方法は?

 

では、安全にVIO脱毛を行うためにはどうしたら良いのでしょうか?

出来る限りお金をかけたくない人も多いので、自己処理してしまいがちですが、
自己処理をしてしまうと、痛みやかゆみなどの肌トラブルを起こす場合がありますので、
オススメはしません。

最もオススメなのは光脱毛による脱毛です。

特に「痛みは極力少ない方がいい!」
「敏感肌なので、肌トラブルが心配」
という方は

SHR脱毛】がオススメ。
痛みや肌トラブルが少ない理由については

脱毛って痛いって本当!?【ニードル脱毛・医療レーザー脱毛・光脱毛を徹底比較】

にも紹介しました。

特にVIOラインは毛が太くて肌が弱いという特性があるため、メラニン色素(黒色や濃い茶色)に反応して光を照射し
毛根を高温で焼き切るという、一般的な光脱毛では強くゴムで弾かれたような痛みが出ることもあります。

腕や脚ならまだ我慢できても、
デリケートゾーンに何度もそんな痛みが走ると思うと…
想像したくありませんね。(;´д`)

SHR方式では、メラニン色素に反応する方式ではなく、低い温度を”繰り返し照射する”ことで破壊するため、
毛の太さや濃さに限らず、じんわりと温かい程度。

なのでVIO脱毛には最も適した脱毛方法といえます。

脱毛後はカミソリなどでの自己処理後のチクチクした不快感もないのがメリットとも言えます。

 

ルヴィエではSHR脱毛を行っていますので、安心してご来店ください。

「どういう形にしたらいい?」
「少しは残したい」
「やっぱり不安!」

こんなご相談もLu:vie(ルヴィエ)ではスタッフが親身に承ります。

まずは気軽に一度、ご相談しにご来店くださいね。
スタッフ一同お待ちしております。

コメントを残す

※入力エリアすべてが必須項目です。