代表 黒坂知代の想い

  島根県で生まれた私は、子供のころから華やかで美しい美容業界に憧れを持っていました。 小学生の卒業文集にも将来の夢は 「美容業界でキラキラ輝きながら働く事」 と書いていました。   そんな夢を追って、高校を中退し17歳にして美容業界で働く事になります。 高校中退の学歴の私に労働環境の選択肢は、 あまり多くはありません。   ただ希望に満ち溢れた船出であった事は今でも鮮明に記憶しています。  

しかし、現実は現実はそう甘くはなかった

  ・毎日ノルマのプレッシャーから吐きながら働く店長 ・愚痴が絶えないスタッフ ・怒鳴り散らかす社長 はじめて働いた会社では、毎日泣くまで会議室で怒鳴られました。 先輩からは”教育”という名のいじめにも堪えました。     また、売上が足りないと、自分で商品を買って売上を補填するということまでしていました。   本来”お金”と”生きがい”を得るために仕事をしているにも関わらず、多額の借金を背負い、 精神的にも限界が近づいており、当時は本当に何のために働いているのかわからなくなっていました。   同期はみな辞めました。  

美容が好きで業界で働きたいはずなのに、なぜ??

  私が憧れていた美容業界にも関わらず、楽しそうに働いている人なんて1人もいませんでした。 「ナゼ?ナゼ?ナゼ?」 美容業界の現実はこれか… 本当に絶望しましたし。   ただ、それでも自分の可能性だけは捨てませんでした。  

もし、自分が社長ならどうだろうか?

  自分が社長として、自分の裁量でお店を作れるとしたら、私の理想とする環境を作れるのではないか という可能性だけは常に心のどこかで感じていました。   そして、そのチャンスが遂に訪れます。   入社2ヶ月後に、新規オープンするお店の店長に就任します。   「私ならきっとやれる!!」 そう強く胸に刻み、店長として精一杯仕事をしました。   そして、私が店長をして6ヶ月目のことです。 月の売上3000万を達成! これはこの会社の他の店舗では達成されたことのない前人未到の大台だったのですが、 それを超えることができました。 この時の”緊張感”と”達成感”は今でも忘れません。   しかし、ふと周りを見た時、楽しそうなスタッフは居ませんでした…   全員が疲れきった顔をし、カウンセラーはストレスから体調を崩し、精神疾患。 施術スタッフは、工場勤務みたいなロボット接客。 私がスタッフの時に嫌だったことを、私が店長になってもスタッフに同じ想いをさせている状態でした。   それからは、売上と働く環境のバランスをとるために、 様々なアイデアを会社の上層部に掛け合いました。 しかし、残念ながら意見は通りませんでした。 そう、会社という組織で働く以上、会社の”ルール”に従う必要があったのです。    

しかし、私には自信がありました

  ・お店のスタッフがイキイキと輝きながら働き ・お客様も自分の美しさを手に入れて輝く これまで実現できなかったこの2つを両立するアイデアがあります。 そして、そのアイデアを具現化するために、 少しでも役に立ちそうなセミナーや懇親会には必ず顔を出し、 自分の「実現したいこと」「想い」を伝えて回りました。 少しでも私の考えに賛同いただける方には、 こちらから出向き、熱くプレゼンしたこともあります。 その結果、次第に私のアイデアに共感してもらえる仲間が1人2人と集まりだし、 遂にアイデアを形にする優秀な仲間達が揃いました そして、この2つを形にするために、株式会社LUNONを立ち上げ、脱毛サロンLu:vie(ルヴィエ)をオープンさせました。 img_0038   このLu:vie(ルヴィエ)という名前には、フランス語の造語で、 ”毎日キラキラ輝く女性でいよう” という私の想いを込めています。   そして、私はみんなに知ってもらいたいのです。 美容業界で働く事は決して辛い事ではありません。 もっと「楽しく」て、「ワクワクする」最高のお仕事だと。   私はこれまで辛い環境で仕事をしてきましたが、お客様と会話をして、お客様に施術をし、 お客様がキレイになって喜んでもらえた時、本当にこの仕事をやっていてよかったなと感じることができました。   そして同時に、お客様にも知ってもらいたい。   スタッフ自身もお客様が美しさを手に入れるためのお手伝いをしたい、そう心から願ってこの仕事についています。   スタッフが人間らしくイキイキと働き、来店するお客様が美しさを手に入れて毎日を充実させる そんな環境を提供したいと考えています。   そんな関わる女性すべてを輝かせる環境を実現するために、 ”私が美容業界の新しい常識を作る” そんな気持ちでLu:vie(ルヴィエ)という新しいチャレンジをしていきます。   ぜひ、一度お店にご来店いただき、私の想いを感じていただけると幸いです。 そして、ぜひあなたの美しさを手に入れるお手伝いができれば、これ以上嬉しいことはありません。